フィルター

フィルターTIPS

フィルターのよくあるご質問と回答

Q. ホースの途中に殺菌灯、クーラーなどの接続は可能ですか?
A. ラピッドプロは安定した水流、ろ過を考慮したシステム設計となっています。クーラー、殺菌灯などの接続により、自動復旧機能などに支障がでる恐れがありますので、基本的にセット内容以外のものは接続できません。
Q. ラピッドプロは60〜90cm水槽用ですが、ウォーターポンプの能力はどれくらいですか?
A. ラピッドプロに採用されているウォーターポンプは揚程2.2-2.3M、最大流量2600-2700L/時間、定格電圧48/49W(50/60Hz)となっており、ラピッドプロフィルターに納まる設計となっております。
Q. 給水、またはオーバーフローホースでの流量調節は可能ですか?
A. 給水ホース、オーバーフローホースに流量を調節する器具はついておりません。流量を調節すると、給水と排水のバランスが崩れ、自動復旧装置が作動しない、水があふれるなどの不具合をおこす恐れがあります。
Q. ラピッドプロを水槽下のキャビネットに設置したいのですが、各部のサイズ、(スタンダードセット、フルセット)設置時のおおまかなサイズはどうなりますか?
A. フィルタータンクは、付属部分をセットした状態で、ホース連結穴側からみて(W230×D470×H570)以上のスペースを必要とします。フルセットですと、(W460×D700×H570)以上のスペースが必要です。これはあくまで製品自体で占めるスペースですので、設置検討の際にはメンテナンスなどのスペースもご検討ください。
Q. 各パーツはどのようなサイズになっていますか?
A. こちらを参照ください。(pdfファイルが開きます)
Q. フィルター本体内部にヒーターの設置は可能ですか?
A. ラピッドプロのフィルター内にヒーターを設置すると、フィルターの変形、水漏れを起こす恐れがあります。ヒーターは水槽内に設置して下さい。
Q. オーバーフローの消音対策はどのようになっていますか?
A. 消音対策として、オーバーフローボックスに消音カバー、またフィルターにフタを設けてあります。オーバーフローの性質上多少ではございますが、落水音がございます。
Q. ろ材用のトレイの容量と、セットに入っている材量はどれくらいですか?
A. ろ過材のトレイですが、一番下にガラスリングろ材、真ん中にプラスチックろ材、上段にマットを設置していただきます。一番下と真ん中のトレイの容量は、それぞれ約3Lの容量がございます。
Q. 60cm未満の水槽、または90cmを越える水槽にラピッドプロは使用可能ですか?
A. 60cm未満の水槽ではポンプの給水量が多すぎるため、水槽から水があふれる恐れが、60cm〜90cm水槽用のウォーターポンプを採用しておりますので、適合水槽以外での使用は、水もれや、ろ過不足になる恐れがあります。
Q. 水位はどのように設定できますか?
A. 水位は、オーバーフローボックスの後ろにある、オーバーフローパイプで調節できます。オーバーフローパイプ調節の際は、水槽とフィルターの水位にご注意ください。
Q. オーバーフローのみで水面近くのゴミしかとれないと思います。底面のゴミもとれますか?
A. 水流によって浮遊するゴミはろ過可能ですが、ろ過システムがオーバーフローという特性上、ろ過しきれないゴミが沈殿してしまい、手作業で除去して頂く必要があると考えられます。
Q. オーバーフローボックスのみでの販売はありますか?
A. ラピッドプロは、オーバーフローボックスの給水・排水能力、フィルター容量、ポンプ能力など、様々なバランスを考慮して設計されています。オーバーフローボックに他のフィルター、ポンプ等、セット以外の物を接続した場合、給・排水のバランスがくずれてしまう恐れがあります。もうしわけございませんが、基本的に、オーバーフローボックスのみでの販売は行っておりません。
Q. 水流を何かのパーツを使って付属のノズル以上に曲げることは可能ですか?
A. 給水の流れを妨げるものを取り付けると自動復旧装置が動かなくなる恐れがありますので、水流を曲げるパーツの取り付けはおすすめできません。
イメージ