ポンプ

トップページ > 製品情報 > ポンプINDEX > ポンプTIPS

ポンプTIPS

Rio+パワーヘッドのよくあるご質問と回答

Q. ミドリガメなどのカメの飼育にもRio+の使用は可能ですか?
A. 可能ですが、いくつか気をつけて頂きたい点がございます。
@ポンプが水中にしっかり固定されていること。
Aポンプが砂などを吸い込まない位置に設置されていること。
Bカメがコードなどに噛み付いたり傷つけないよう対策を行なうこと
などです。カメ飼育用にポンプの購入をご検討の際は、どのようなカメで、どのくらい力が強いかなど、十分にご考慮下さい。
Q. パワーヘッドのみで生き物の飼育は可能ですか?
A. パワーヘッドで大きなゴミは取れますが、フンやアンモニアなどを分解する能力はありません。別にフィルターを設置して頂くか、別売のコンバージョンキット等のフィルターを組み合わせて頂く必要がございます。もちろん定期的な水換えも行なってください。
Q. 消耗品で、交換が必要なパーツはありますか?
A. ポンプ内で回転するインペラーユニットは磨耗しますので、定期的な交換が必要です。メンテナンスで内部の清掃を行う際には、インペラーの磨耗もチェックしてください。また、キスゴムも劣化していきます。使用後1年を目安に交換をおすすめいたします。
Q. インペラーが磨耗してくるとどうなりますか?
A. カリカリと音がしたり、磨耗がひどいとポンプが停止するおそれがございます。
Q. 交換部品の取扱いはありますか?
A. 交換部品の表をご参照ください。Rio+本体をご購入したお店もしくは弊社商品取扱い店舗様にてご購入頂けます。
Q. 最大流量、最大揚程とはどういう意味ですか?
A. ポンプに負荷のない状態で計測したポンプの能力の最大値です。流量はポンプの水を吐き出す量、揚程はポンプを汲み上げ可能な高さを意味しています。揚程が高くなるほど、また配管が長く、曲がりが多くなるに従って流量は低下しますので、ポンプ選びの際はご注意ください。
Q. 周波数の違う地域に引っ越します。そのままRio+を使用することは可能ですか?
A. Rio+は、それぞれの周波数にあった仕様となっております。周波数の異なる地域で使用すると、異音の発生や、ポンプの運転停止などの不具合が起こります。周波数の異なる地域ではご使用出来ません。
Q. ポンプにホースなどを接続して、陸上で使用することは可能ですか?
A. Rio+は水中使用専用のポンプとして設計されておりますので、陸上では使用できません。
Q. ポンプを水槽外に設置したり、空運転するとどうなりますか?
A. ポンプが異常加熱して大変危険です。保護装置が内蔵されていますが、空運転しない設置を心がけて下さい。また、ポンプは本体が空気中に露出しないよう、完全に水中に沈めて設置して下さい。
Q. ポンプのそれぞれの電気代はどれくらいですか?
A. 仮計算で、電気代は、Rio+各製品の消費電力(W)×24(1日の使用時間)×30(1ヶ月あたりの使用日数)÷1000(KWに換算)×27(円/KW)=1ヶ月あたりの電気代となります。例えば、Rio800(50Hz)ですと、消費電力4.8Wですので、 4.8(W)×24(使用時間)×30(日)÷1000(KW換算)×27(円/KW)≒93.3(円/月)と仮計算できます。
Q. 屋外の池に設置は可能ですか?
A. Rio+は屋内での使用を前提に設計されております。屋外設置は可能ですが、コンセントに防水対策、ポンプの吸い込み口にストレーナーなどのゴミ詰まり対策、さらに本体をしっかりと固定することが必要です。ただし、屋外使用では故障の危険性(泥やゴミ詰まりなど故障となる原因)が高いためおすすめ出来ません。
Q. ジャグジー風呂用のポンプなど、水槽飼育目的以外での使用は可能ですか?
A. Rio+は、水槽での飼育使用専用の設計となっております。申し訳ございませんが、他の用途でのご使用は絶対になさらないで下さい。
Q. 付属の流量調節付き流出アダプターで流量調節が可能とのことですが、結構流量を抑えても大丈夫ですか?
A. 流量は半分程度まで調節しても問題ございませんが、絞り過ぎるとポンプの負担となり、消費電力や、水温の上昇、またインペラーの過度の磨耗につながります。
海